このままでいいの?自分のやりたいことって?に迷ったときにしてみて欲しいこと

自分の働き方・生き方をデザインする

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

時間マネージメント講座@新宿でした~。
美人さんとの講座はテンション上がるね、
とオジサみたいに思う私。
この講座は時間の話だけでなく
働き方や生き方の話まで展開していくことが多いです。

このままでいいの?

何かをやっていてこのままでいいのかな?とか
ホントにやりたいのか?など

迷いが出てきたら
自分サイズにしてちょっとやってみたらいいと思います。

例えば、
お店を持ちたいって思ったら
ひたすらお金を貯める前に
まず、カフェを一日借りて一日店長やってみるとか

学びたいのか、人に教えたいのか?なんかごちゃっとしたら
人に教える経験をしてみるとかさ。

やってみたら、気づくことってある。

「なんとなくやれそうだから」
という理由だけだったことに気がついたり、

資格をとった手前やらないわけにいかないからというだけで、
別に情熱が持てるわけでもなかったとか、

いまの仕事に不満があるだけで、
他のこともやってみたらやはり不満はどこかしらにあって、
何も辞めてまですることじゃないなと感じたり、

ああ、これなら人生の大事な時間を費やしても本気でやりたいと思えたり、

大変だと気がついたけど、同時にワクワクしたり

なんて具合に、机の前に座っていては分からないことがやってみてわかる。

自分に向いているか?
なんて結局はどれだけやったかなんだろうけど、
少なくてもある程度の情熱がないと人はやり続けられない気がします。

だから自分サイズでまずは

お金や時間をかけて学んでいると
どっかに前進している満足感は得られるはず。

でも、そもそもの目標自体がよく分からなくなってきたり
情熱が持てないなら、その学び必要だった?みたいになっちゃうでしょう。

何かを一生懸命に学ぶことは意味があるんだけど、
「何のために」がはっきりしてない学びは意外と活かしようもない。
こういう学びはすぐに忘れちゃうことが多いんだよね。残念ながら。

だから、「自分サイズにしてちょっとやってみる」って私はすごく大事だと思っています。

24時間で何をしたいのか?は意外と深い話なのです。
だから、時間マネージメント講座で使うシートにはタイムデザインではなく、
ライフデザインダイヤグラムと名前がついてます。

12月はオンラインで開催します~。
忙しい人のために一人から開催してますよ。

 

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

 

関連記事

  1. 「一汁一菜でよいという提案」を読んで

  2. 自分を本気にするご褒美ジュエリーのすすめ

  3. モノトーンミックスで飾って作る五月のお節句ティ―タイム

  4. パパでもできるリンゴと塩豚のポットローストレシピ

  5. 遅刻しない、させないために入学時にママがやっておきたいこと

  6. 【レポ】大阪時間マネージメントコーチ養成講座

  7. ハロウィンのモノクロミニポスターをプレゼント

  8. 知っておきたい時短技ー入学、進級時のママの準備編