転勤族妻は引きこもりになりやすい?引っ越しで身に付けた居場所を作る7つのコツ

転勤族妻の悩み

だれでも3割増し美人になる方法、やまなかまりこです。

今日は、転勤族でなくても参考になる、
大人になってから友達を作る方法と居場所の話を書こうと思います!

転勤族妻は引きこもりや鬱になりやすいと言われています。
特に子供がいない方、子どもが独立していて大きい方などは
引越しを機に無気力になったり、友達や居場所を失った喪失感を味わうことも。

なにせ、ある日突然それまで暮らしていた生活を手放して
全く知らない土地に飛び込むのですから、
単に引っ越し準備が大変ということだけではない苦悩があるのですよね。

そこで
引っ越しで身に付けた居場所や楽しさを作るコツを紹介します。
このコツは転勤に限らず、新居に越したとか、結婚して新しい土地に行ったときにも参考にして。

まずは地図を買う

私は引っ越し先が決まったらまず、その県のガイドブックを買います。
これは、土地勘を一刻も早くつかむため。
ある程度、区内や市内の土地名が分からないと自分のうちから近いか遠いかすらわかりませんから。

今はネットでも情報が得られるので、どこにどんな楽しいスポットがあるのかを探します。
転勤は家族や夫婦の結束も強くなる時。
ここイイトコロじゃん!と思える場所に引っ越しの後すぐに行くのもポジティブになるコツ。
段ボールが片付いていなくても、大丈夫。
ご当地の美味しいものを食べて、元気をつけましょう!

 

引っ越し先でも続けられることを見つける

趣味や運動、仕事などとにかく、自分次第で続けられることを作っておく。
子どもも野球やサッカーなどどこにあってもあるスポーツをやらせている人も多いです。
それをきっかけに友達を作れたりするので。

大人になってからなら
ハンドメイド、楽器や音楽、ボランティア活動、ダンスなどもいいですね~。
習いに行くことで同じようなことが好きな人と出会えるので絶対に趣味は持っておきたい!
私は、体を動かすことと、カメラかな!

自分から飛び込む

私はどこに引っ越しても1年目はPTAや幼稚園などの役員をすることが多かったです。
子どもが大きくなるにつれ、学校にいく頻度も減るので、そうした役員活動の時に
地元歴の長い他のママに色々地域のことを聞けるので、私は積極的に参加していました。

入園する前は子供と行った公園などで感じのいい方がいたら
「お友達になりましょう!」と言って連絡先を渡していました。
友達が欲しいなら自分から動く!これが鉄則。

子どもが大きくなった今は、趣味で友達や知り合いを作ることが多いです。
私はとりたてて積極的なわけではなかったけれど、
転勤を経て、人に話しかけることへの抵抗が低くなりました。
世の中、いい人ばかりですよ!

 

1人の時間も楽しむ

友達を作るのももちろんいいのですが、一人だって楽しめます。
例えば、一人でお出かけしてみたり、映画を見に行ったり、日帰り温泉に行ったり。
地方ならちょっと車を走らせたら素晴らしい景色や素敵なカフェがあるはず。

今は六本木にいくのも、熱海に行くのも同じぐらいの
横浜の端なので1人で熱海行ったりしてます。

温泉まで行かなくても、スーパー銭湯レベルでもあかすりしてもらうとかね。
映画も大好きなので一人でレイトショー行くとか、マンガ喫茶行くとかね。
自分ペースの方が楽しめることはおひとり様でやりましょう。

 

好きなことを触れ回っておく

ダンスがすき!とか映画や海外ドラマ、ミステリー小説が好き!
とあちらこちらで言っておくと、不思議とそれを覚えていてくれる人がいます。
ちなみに私は、海外ドラマは韓流ではなく、アメリカドラマが好きです。

それと、身近にはいなくてもネット上で自分と好きなものが合う人と出会えることも。
好きなことは別に隠しておく必要なんてなく、大声で言う!ぐらいのつもりでいたらいいのです。
好きなものを通じてつながると、話は弾むし、そういう人とは
引っ越したあともつながり続けられるはず。

例えば、大阪に引っ越した時に、
偶然お友達が紹介してくれたファッション系の仕事をしている方のブログ。
楽しすぎて、その方のブログを読み漁りました。
そして、会いたくなったので、連絡をしてランチをご一緒することに。

はじめてなのに何時間もカフェでファッション談義。
大阪を離れた今でも私の大阪のお姉さんと呼んで、交流が続いています。
好きなことを触れ回っておくと、思わぬところからご縁が生まれるのですね!

触れ回る人がいないんだってば!という人なら、ブログでも書いたらいいのでは。
あるいは、同じことが好きな人のブログを読んでコメントして交流するのもいいよね。
ようは自分から動いていくってこと。

ライフワークを見つける

好きなことや続けたいことが仕事と繋がっているならこれ以上の幸せはないはず。
どこに行っても続けたらいいんです。
転勤族は雇ってもらいづらかったり、
自分の気持ち的に「いつ引っ越すかわからないし」と思って行動にブレーキをかけてしまいがち。

確かに、何年かしたらそこの土地を離れることがあるかもしれない。
でも、けして頑張ったり、やったことは無駄にはならないと思うんです。

私が最初に一人起業で仕事を始めたのは、東京の葛飾区でした。
その後、大阪に行って、横浜に越してきた時に、その時のお客様が沢山連絡をくれたんです。
離れたら関係が終わってしまうと思っていたのは私だけで、
お客様たちは私を覚えていてくれた。

今でも、年賀状のやり取りをしたり、SNSで交流したり。
養成講座を受けてくれて繋がっている方も。
だから、仕事はいつでも本気で頑張っていいんじゃないかと思います。

イイトコロ探しの達人になる

どうしても新しい土地に引っ越すと前と比べてしまいます。
前の方が、
スーパーが近かった!
仲良しの友達がいた。
仕事があった。

前の方が前の方が!と言いたくなるわけです。
どうして自分ばっかりこんな苦労をしなくちゃいけないのよ!
と、まあネガティブモンスターになりがち。

でも、グジグジ行ったところで戻れないのが転勤。
だから、どっかでふっきって腐りすぎない。
私も引っ越して前後の1か月ぐらいは泣いてますけどね。

でも、それを過ぎたら
ここがいいよねー!というところを見つけていくのも大事。
前より、自然が多いよね

とか
家が広くなった!とか何かしら見つける。

ポジティブな自分でいればいいご縁があることがほとんど!
そして、結局引っ越してみて思い出すのは、そこで誰と出会ったなんだよなー。
転勤が大変なのは、十分すぎるほど分かっています。
それでも、自分が選んだ人生、どうせなら楽しく乗り切っていきましょー!

 

引っ越しで身に付けた居場所や楽しさを作るコツ

色々な所に住んだ経験は長い目でみたら人生や自分を豊かにしてくれる!はず、と信じたい。笑

1まずは地図を買う
2引っ越し先でも続けられることを見つける
3自分から飛び込む
41人の時間も楽しむ
5好きなことを触れ回っておく
6ライフワークを見つける
7イイトコロ探しの達人になる

転勤族だから、○○できなかった・・・ではなくて
転記族だから○○も○○もできた!と思えるといいですね~。

<関連記事>
転勤族妻の私の働き方はこの記事で

<まずは無料メールで読んでみて>
ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
忙しい人向けのメールなのでサクッと読める時短と自分時間の作り方がメールで流れてきます。

<もうダウンロードした?>
美人の法則カレンダー2019年配布中です
カレンダーダウンロードプレゼント中コチラ

 

関連記事

  1. 【秘策】仕事や子育てで忙しくても最新ドラマをたーっぷり見る方…

  2. ママに読んで欲しいブログ記事まとめ

  3. SNSやブログで顔出しNGの人のプロフィール写真アイディア

  4. ペタンコ靴愛用者は必見!ハイヒール履きこなしレッスン

  5. うまく行っている人はみんなやっている時間の使い方のコツ!

  6. 春休みに子どもにやってもらうとラクになるお手伝い&家事アレコ…

error: Content is protected !!