穴が開くほど見られている女の背中

後ろ姿は見られている!?

だれでも3割増し美人になる方法、やまなかまりこです。

人は他人を面と向かって真正面からじっと見つめることはできない。
でもその代わり、真後ろからなら、穴が開くほどまじまじ見つめることもいとわない。
視線を浴びるうえで、見られている場所の80%は後姿だと考えたほうがいいくらい。
「大人の女よ!もっと攻めなさい」齋藤薫著

 

 

と、こんな風に言われると何だか無性に気になってしまう自分の後姿。
日常生活では意外と肩から上に手をあげることすら少ない。
子どもが小さい人は、抱っこひもでガチっと固定してしまうし、
スマホを見ている時に背中はちっとも使われない。
気が付くと、ガチガチになってるのが背中なのです。
私もPC作業が多くて、かなりの肩凝りになり運動を再スタートしたぐらい。

そして、
体重が変わっていなくても、シルエットは確実に変わっていく40代。
肩が丸くなり、背中にも腰回りにもちょっとしたお肉が付き始める。

やせ型の人はまた違った悩みで、
ヒップの位置が下がり、背中が内側に入り、曲線が減り中性的な印象になってしまう。

見返り美人という言葉があるけれど、
「振り返ってくれなくて結構!」と思われる後姿にはなりたくないものです。

<もうダウンロードした?>
美人の法則カレンダー2019年配布中です
カレンダーダウンロードプレゼント中コチラ

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

関連記事

  1. カゴバックを縫わないカンタンファッションDIYでリンクコーデ…

  2. 食事づくりに飽きたときに変えたい●●の話

  3. 【もしかしてセレブ!?】浴衣は海外のメンズにもモテる?

  4. キャラクターチョコでオリジナルケーキを作る方法ー100均一の…

  5. 引っ越し準備ー自分編

  6. 引っ越し子どもの準備編

error: Content is protected !!