フランス語に「がまん」はない!?フランス人の我慢しない自分らしい生き方

好きなことで生きる

時間マネージメントマスターコーチのやまなかまりこです

今年もあと2か月を切りました!
わー、早い。
朝ライブで「好きなことだけで生きる」というフランス人のドラトーザンさんの本を紹介しました。

実は私、フランス文化が専攻だったんです。
○自分の意見を持つこと
○パートナーとの時間を大事にすること
○女でいること、美意識をもつこと
若い頃に影響を受けた文化の違いは自分のなかに根付いているなぁ!と思います。

確かに今

好きなことで生きている!

私はこんな風に思っているんです。
生き方はその人の覚悟
働き方はその人の美意識
遊び方はその人の個性
私は、いっぱい働いて、いっぱい遊んでます!

毎日、自分のやりたいことができる幸せ。
引っ越しても仕事を続けたい!
自分だけのキャリアを作りたい!
人に喜ばれながら働きたい!
そう思って、10年以上、自分の道を走ってきてよかったなぁと思います。

さっ、
好きなことしよう
好きな人といよう
好きって気持ち大事にしよう
なんにせよ、やるなら本気で♥️

音声でドラさんの本を紹介しています。
音声アーカイブ聞いてみて

フランス語に「がまん」はない!?フランス人の生き方https://stand.fm/episodes/6181cd1917fde50006cbfda5

 

The following two tabs change content below.

yamanakamariko

転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. オーシャンズ8のケイトブランシェットの衣装が最高にクール

  2. 今すぐ捨てろ!女をダメにする服のポイント!40過ぎたら女は着…

  3. 40歳からむしろ必要!?あざとい女は女の敵ではなかった説!解…

  4. 子どもが小さいときのじぶん時間の作り方

  5. 自撮り撮影の裏側!ボツ写真から学ぶオシャレに見せるコツ

  6. ジムで何着る?フィットネスウエアが似合わない人の選び方

error: Content is protected !!