スタイルよく見せるコツは実は●の見方にあった!-DAY15

デニム愛

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

講座をするようになって、しばらくジーンズやデニムは着ずにエレガントキレイ目をしていた私。
が、最近はオンラインで仕事をしているので、PCを通して画面から見えるのは上半身だけ。
というわけで、下は結構カジュアルになりつつあります。

で、最近はジムに通っているので、
講座やオンラインサポートのあとに行くときは下半身はレギンスのこともあります。
そうすれば、サクッと運動に行けるから~。

スタイルよく見せるコツは実は●の見方にあった!

スタイルよく見せるコツは実は鏡の見方にあるんです!
運動すると体が締まるからスタイルが良くなるというのはもちろんあるのですが
冷静に考えて、そんなに瞬時に体型が変わるわけないですよね。
私はむしろ、運動よりも運動するときに全身を鏡で見ることに意味があると思ってるんです。

自分の体を見ることでの気付き

この足の出し方は、バレリーナの人がやりますけど、足が長く見えるでしょう↑
(アプリで伸ばしてないからね~)

ダンスの体の使い方って、綺麗に見せる芸術なんですよね。(私は昔、新体操やってました!)

全身を鏡で見るようになると、色々なことに気が付きます。
ああ、この色のタイツあんまり似合わないな!とか
この首の開きは肩がいかつく見えるな!とか
くびれがないなー!自分。とか
この足の出し方はスラっと見える、
自分の腕や足の形
などなど自分の体型の研究ができるわけです。

これをやっておくと、単純に洋服選びに役立ちます。
鏡を見てない人は、イメージの中の自分実際の自分の体型がズレていることがあります。
なので、これいいかも!と服を選んでも着てみると「あれ?」ということが多いんだと思うんです。

ダンスとかの経験がない人は自分を鏡で見るなんて恥ずかしいわぁ!と言うのですが
自分のカラダや体型って、自分が全身で写してみなくても
当たり前のことながら他人からはいつでも見えてます。
だから、客観的に見て研究するって大事なんですよねー。

そうは言っても運動はイヤ?

そうは言っても、運動って寒くなってくるとほんとに億劫。
というかジムに在籍していても、通っていない人も多いのだとか。
最初にジムに入会したときにもらったパンフレットに
初月に4回以上来るとその後習慣にしやすいので
最初のうちはお風呂に入りに来るだけでもいいから来るように!というようなことが書いてありました。

私は意外と単純なので「そーーなんだ!初月が大事なのね」と
月四回どころか週四回ちゃんと通うようにしたら本当に習慣になりました。

21日を乗り切れ!

習慣は根付くまでに最低でも21日と言われています。
なので21日は本当にきつくても、結構意識してやるとそのあとはスルスルと続くもの。
私の場合、ジム通いを定着させるためにやっていたこと。

運動を習慣にするまでやっていたこと
・バッグに靴やタオルを入れたジム用バッグを玄関に常備
・テンションが上がるウエアをとりあえず買ってしまう(H&MやGUにもあるよ)
・友達とは言えなくても、挨拶して話せるぐらいの知り合いを速攻で作る
・すんごくキツイ、激しいレッスンには出ずにビギナークラスから受講する
・家にいるときからウエアを着て、行かざるを得ないようにする(土日は朝起きた瞬間に着てた)

あとは体力がついてくると、楽しくなってくるので、意識するのは最初の21日というか1か月ぐらい。
私の場合は、主に体力をつけることと肩こり解消が目的なので、
そんなに激しい運動をしなくても徐々に慣れて行けばよかったのでね。
3か月続いたら、ときどきはハードなのにも出るようにしました。

そのうち、キツイこともするかもしれないけど、
運動は続けるのが楽しいぐらいにしておくかな~と思います。
友達っぽいのができると、「あのレッスンが面白いよ」とか教えてもらえるのもいいですよ。

そして、子どもが小さいから運動できない!なんて思わないこと。
今はグーグルで検索すれば大抵は子連れOKのエクササイズ教室が近くにある時代です。
そして、鏡での自分のカラダ研究は家にいたってできるのです。

40歳になったら、体力大事!鏡を直視せよ!

↓10着ぐるぐる着回しコーデプロジェクト↓

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

 

 

関連記事

  1. クリスマスカラー赤ニットでフレンチコーデ投入!DAY13

  2. 着ぶくれせずに足長に見せるニットワンピースの選び方DAY11

  3. 残暑9月のファッション時間術

  4. 若い子とおばちゃんの違いをまとめてみた

  5. ママに読んで欲しいブログ記事まとめ

  6. 夏派手カラフルポンポンサンダルの作り方

  7. 倉敷帆布に恋してーカラフル時短ファッション

  8. 春休みに子どもにやってもらうとラクになるお手伝い&家事アレコレ

error: Content is protected !!