SNSで「いいね」が多かった、この写真の撮影裏側、失敗ショットを紹介

自撮り写真ができるまで

今日の\だれでもだれでも3割増し美人になる方法/
今日も失敗写真を紹介します

いやぁ!こんなの見せてよいのかしら?シリーズ。
知ってほしいのは、サクッと百発百中、
一枚だけ撮ってInstagramに載せているわけではないという事実。

特に自撮りで「動きのあるショット」はタイミングも難しいのです。
自分が動いているショット
小物、今回だと布などを動かしているショットは、
狙った通りに撮れないので、本当なら自撮り向きではないんです。

だから、大抵の自撮りは自分でカメラをバッチリ見てハイ笑顔~!が多いですよね。

私もそれが自撮りの現実であり、限界だと思っていたんです。
だから、動きのある写真は言わば私にとっては「挑戦」

ボツショット見てみよう

失敗写真を見てみましょう!

よく撮れても今回みたいに
おじさん写っとるやないか!
とか
自分の顔や体、服などに( ´゚д゚`)アチャーなことがある場合も。
おじさん、熱心に掃除してくれてたのと光の感じで場所移動しつつ撮りました。

ちなみに、脚を綺麗に見せるコツはまた別の投稿で解説します。
インスタもフォローしておいてね。

https://www.instagram.com/yamanakamariko/?hl=ja

写真は大変で、楽しくて、一期一会ならぬ
一期一枚的なものなんだよなぁ!と思います。
どれだけ頑張ったか?は私の足の裏を見るとたぶん分かると思う。

布をもったポーズは「パリの恋人」から

この布を持ったショットは
本当は正面から撮ったらすてきだと思ってるんですよね~。

オードリーヘプバーンが映画「パリの恋人」
ルーヴル美術館のサモトラケのニケを背景に、
赤いドレスを着て同じ色の薄いショールをはためかせながら
階段を降りてくる素晴らしいシーンがあるんです。

ただね、顔もデコルテも、服も
ホントに凝らないとならないから難易度が高すぎる。
というわけで、今回は後ろ姿で。

最強スマホアプリ加工動画講座


全部で24の動画でたっぷり基本から応用、仕事に活かせる加工まで学べます。

詳しい内容はコチラ↓
https://koseimigaki.com/sumahoapp/

2020年1月限定1000円引きクーポン
NEWYEAR2020

無料メール講座を読んでみて

自分の見せ方と素敵写真の撮り方、カメラの小話などを
集めた無料メール講座も作りました!

おかげさまでいつのまにか200名突破~
登録はこちらから↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/24721

 

関連記事

  1. ネルシャツで手作りブローチリメイク

  2. シャツやニットから見えない!あったかインナー紹介!ーDAY6…

  3. 【レポ】自撮り&シチュエーション撮影会@名古屋

  4. ピンク色のインスタ始めました!

  5. クリスマスカラースカーフでヘアアレンジーDAY27

  6. 大人も子供も騙されてはいけない!思い出せテスト前のアノ会話ー…

error: Content is protected !!