読売新聞に掲載していただきました!

時間マネージメントアドバイザー&コーチの山中真理子です。

読売新聞に載りました!

2017年3月7日読売新聞の朝刊の「ライフ」というコーナーで
時間マネージメントアドバイザーとして紹介してもらいました。

今回は「時間の見える化」という時間の特集。

時間マネージメント講座は本当は単なる時短の講座ではなくて生き方の講座です。
が、今回はわかりやすく
自分の時間を可視化してみるという話をさせていただきました。
まずはぜひやってみて下さいね

そして次のステップがあります・・・
実は講座だけで伝えているすごーく大事な点
それは減らす時間術でなくて「増やす時間」の話。
忙しいのに、時間が足りないのに「増やす」って何を??
と思われがちですがここがすっごくポイントなんです。

増やす時間術とは?
減らす時間術は限界がある。

なぜならどんなに減らしても24時間を26時間にすることはできないから
だから増やす時間術の視点が必要。
マルチタスクで家事も育児も仕事も地域活動もやっている女性は
時間の断捨離だけでは回りません。
では何を増やすと時短になるのか?
ここがポイントです!
続きは講座で

おかげさまで時間マネージメントの養成講座はお問い合わせも多くいただいています。
オンラインで全国から受けられるので、地方の方も活躍できます!
まだ、いない県があるのでぜひ増えてほしいなぁ。

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

関連記事

  1. 40代からの自分似合う帽子選び、色、形、テイストーDAY29…

  2. アマゾンプラムなら見てみて欲しい海外ドラマ5選プラス2作品

  3. 夫に触られたくない症候群の原因とは?-セックスレス

  4. ハロウィンリースの作り方ー100円均一でハンドメイドリース

  5. 子どもが小さいときのじぶん時間の作り方

  6. 私が嫌われても本当のことを言うとき言わないとき

error: Content is protected !!