『わたしの家政夫ナギサさん』が賛否両論!?気持ち悪いっ!とひいた理由

人気ドラマ『わたしの家政夫ナギサさん』の最終回が賛否両論

人気ドラマ『わたしの家政夫ナギサさん』(TBS系列)の最終回が9月1日放送されましたね。
本作は、家事と恋愛は苦手な独身女性の主人公・相原メイ(多部未華子)が、おじさん家政夫・鴨野ナギサ(大森南朋)を雇うことから巻き起こるラブコメディ。
マンガが原作です。

頑張りやさんでファッションも可愛く、毎回楽しませてくれたヒロイン・メイちゃん。
“癒し系”のナギサさんが回を追うごとに人気を集め、最終回の平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は19・6%で右肩上がりの好成績だったそう。
うんうん、わかる~。
私もこんな風に励まされたい!

家に帰って、健康的で美味しい温かいご飯が出てきたら嬉しい!と働く女たちは思ったのですよ。

ところが、最終回が賛否両論!
最終回では、ナギサさんの家政夫としての契約が終了すると知ったメイが突然プロポーズ。色々ありつつも2人は結婚することになりました。
この結婚という結末についてはおおむね「良かったね~」と好評なものの、一方でTwitterの検索スペースに「ナギサさん」と入れると関連で「気持ち悪い」というワードがいっときはサジェストとして表示され、賛否両論なのです。

「50歳のナギサさんと28歳のメイの年齢差は引くし、異性として意識しない関係が良かったのにな」
「気持ち悪いの私だけなのかな?仕事として家政婦やっているのに、結局、雇い主の若い女性に恋愛感情持つおじさん…プロ失格じゃない?」

などなど。

ああ、確かに。
ドラマの1話目ではメイが、よく知らないオジサンに下着をたたんでもらったり、部屋を片づけてもらうことへの抵抗感を語っていましたもんね。
1話目では「プロ」だから!という理由に着地していました。
だから、ドラマの後半でプロだと割り切った関係のはずが、色恋に発展したことに不快感を持った人は絶対にいたはず。

そこで、私なりの考察をしたいと思います!

メイが求めていたもの

このドラマ、「結婚相手」だからメイはナギサさんを選んだ気がするんです。

メイは劇中で
「自分の生活を何も変えたくない」というようなことをたびたび言っていました。

働く女性で結婚を考えている人が一番不安に思うこと。
それは、結婚することで
今よりもっと頑張ることになるのは萎える!という当然の心理。

ただでさえ毎日仕事でクタクタ。
まさか自分が誰かのために生活を変えたり、何かしてあげるなんて、そんなのムリムリムリムリ!という心境。

だから、ハードな仕事をするメイが求めていたのは
・家に帰ったら美味しい料理があり、ホッとできること
・苦手な掃除も洗濯もやってくれること
・自分の気持ちを否定せずに理解しようしてくれること
・頑張りを認めてくれて、迷った時は助言をくれること

つまり、求めていたのは
精神的に、生活的に支えてくれてる極めて都合のいい「お母さん的存在」だったと思います。

女だって「お母さん」が欲しい!

結婚する前は、家事はすべてお母さんがしてくれていた。
お風呂から上がれば、フカフカのタオルと洗濯された綺麗なパジャマがそっと置いてある。
遅くに帰っても、何かしら冷蔵庫には食べ物がある。
結婚後は誰もそれをしてくれないので、これ全部、自分がするのか!と思ったら「おかあさーーーーーん」と泣けた!という話を昔、お友達がしていました。
ああ、なんとなくわかる。

私も子どもたちを母に預けて、仕事に行った日。

帰宅後、ドアを開けた瞬間、
美味しいご飯のにおいとお母さんの「おかえり」の言葉にホッとして、思わず泣けた記憶があります。

家に電気が付いている。
誰かが食事を用意してくれている。
その人は自分を大事に思ってくれている。
そう、「お母さん」の存在って温かくて、いいもんですよね~。

働く女が求めるのは恋愛感情よりも毎日を支え合える存在か?

恋愛関係において、デートしている期間に彼氏にパンツを洗濯してもらい、たたませるというシチュエーションはあまりないはず。
でも、実際、結婚して、共働きだったらどうでしょう。
そりゃ、洗濯物は二人のものなんだから、パンツもよろしくね!となるはずです。

つまり、彼氏にはパンツはたたませたくない。(恥ずかしいという乙女心か?)
しかし、夫には
「いいから、パンツぐらいたため!」と思っているのが女なのです!

だから、メイがトライアルでナギサさんに提案したのが、「試しに付き合ってみましょう」という彼氏彼女関係ではなく、「結婚」だったのは大いに納得なのです。

このドラマでメイとナギサがくっついたことで賛否両論よんでいるのはナゼか?
それは、未だに「恋愛の延長に結婚がある」と夢見ている人が多いことを意味しているのでは?と私は思います。
お母さんとの恋愛はどう考えても近親相姦の香りがする。
だから「気持ちわるっ」と感じた人がいるのは当たりまえです。

ただ、時代は変わりました。
別にキャリアウーマンが特別なんて時代ではなく、普通にみんな働いているのです。

「ふたりとも働く」がスタンダードになった今、パートナー、結婚相手に求めるものは変わったのかもしれません。
生活も精神面も支え合える人、

居心地のいい人と結婚する選択肢もあるということ。

メイのように忙しい女子はチンタラと恋愛を楽しむ相手は求めていない。
それより、「このままの自分でいていい!」と言ってくれるパートナーの方が結婚相手としてはふさわしい。
つまり、ナギサさんは理想の結婚相手だったということ。

そう考えると、
モテない男子くんは、もしかしたら
カッコよくなることよりも
お金を稼ぐことよりも
できる女の「お母さん的存在」を目指すという手もあるかもね!

お母さんが欲しい働く女の生き方

もう結婚して、子どももいる人は、夫にお母さんを求めるのは無理かもしれません。
そういう人はうまーくサービスや外注を使うのも手です。
お母さんではないにせよ、お金を払えばメンドクサイを代行してくれる強い味方が沢山いますから!

↓プロを探したい人は

なんと、習い事的に見てくれたり、病児保育まで↓

心と時間のゆとりの作り方

<まずは無料メールで読んでみて>
ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
忙しい人向けのメールなのでサクッと読める時短と自分時間の作り方がメールで流れてきます。

 

関連記事

  1. こんなことをされたら私は恋に落ちます!私の落とし方発表会がお…

  2. 【感想】無駄を省いていい人生を送りたい!時間マネージメント講…

  3. 真夏に飲みたい!注ぐだけ簡単クセになる冷たいアイスドリンクの…

  4. 笠岡ベイファーム絶景10ヘクタールのひまわり畑が圧巻

  5. カゴバックを縫わないカンタンファッションDIYでリンクコーデ…

  6. <驚き>えっ?肥満も飲酒も感染するの本当の意味

error: Content is protected !!