迷ったらこの法則!学校に着て行くファッション、服選び

仕事合間に家事

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

雨から一転、何ていい天気!
洗濯、掃除機、今日もオンライン2本。
オンラインだから、家仕事も合間合間に済ませていきます。
仕事の後に学校行事がある日は、そのままパッと出られるようにしています。

学校ファッション

私立の小学校なわけではないのでいちいちスーツで行ったりはしませんが
なぜか小学生ぐらいの女の子はお母さんたちの服装を
チェックしているのでそこそこきちんとはしていきます。
学校ファッションに迷わないためには法則があります。
その一つが「上半身はおとなしめにしておく」
これが一番効きます。

そのほかのポイントもまとめてみました。

<学校ファッションで浮かない悪目立ちしないポイント>
・柄物やカラフルな色は上半身よりも下半身へ持っていく。
・基本スリッパになることを想定する
→ヒールに合わせた丈の長いパンツなどは引きずるので避ける
・体育館などにある程度長く座る日は防寒対策はきちんと
調節可能な羽織りものをもっていく
→子供たちの熱気で暑かったり、学校の隙間風で寒かったりなのでストールなども便利
アクセサリーは2点まで
→ネックレスとピアスとブレスレットと指輪を付けていたら、アイテムを2つまでに減らす
帽子、サングラスは派手過ぎないものを
→つばが広すぎる帽子はしない
→サングラスではなくUVカットの伊達メガネなどで代用
・露出しすぎない
→背中のカットや座った時のスカート丈

これで悪目立ちしすぎずちょうどいいぐらいかと思います。
別に好きなものを着て行っていいんですけどね、
学校は子どもたちが学ぶ場なので必要以上に着飾る必要もないはず。
自分らしくいられて、大人らしい服装だといいですね。
好感度も大事!

といいつつも、運動会では
まるで男の子のようなファッションでしたけど↓

<関連記事>

ママの運動会ファッションの必需品

 

学校以外での仕事で自分が講師を務める座学の講座の時や
女子会などの集まりで座ってのお食事などが中心の場合は、上半身に華やかさがあるものを選びます。
これもTPOですね!

 

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

 

 

関連記事

  1. ママの運動会ファッションの必需品

  2. 30~40代のファストファッションとの付き合い方

  3. 倉敷帆布に恋してーカラフル時短ファッション

  4. 自分を本気にするご褒美ジュエリーのすすめ

  5. 残暑9月のファッション時間術

  6. 美女の正体

  7. 夏派手カラフルポンポンサンダルの作り方

  8. ネルシャツで手作りブローチリメイク

error: Content is protected !!