高1の息子の衝撃のヒトコトが刺さる!おばあさんにオシャレはいらない!?

おばあさんにお洒落はいらない?

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

服の力ってすごいなぁと思うことがあります。

よくよく考えたら
お医者さんが診察するときに白衣を着なくても
旅館の仲居さんも着物でなくても
仕事自体はできそうです。
サッカーの試合もゼッケンさえつけて色分けされてたらプレー自体はできそう。

でも、ユニフォームを着ることで
周りがその人を「★★★という職業なんだ」と認識するっていうのもある。
何より自分が仕事モード(戦闘モード)になるってあるよね~。

旦那様が警察官の人は
夫は普段は怖がりだけど、制服を着たら強くなるって話してたし、

看護師さんも、着替えたら
仕事モードになって、耐えられる場面があるって話をしてました。

私もマクドナルドでバイトしてた時はユニフォーム着たら普通にテンションあげて仕事できたしね。
OL時代もそう。

今はユニフォームではないけど
フィトネスウェアを着たら運動する気になる。
着るものの影響で大きいんだと思う。

高1の息子のヒトコトが刺さる

いつだったか、高一の息子が
「おばあさんになっても化粧するとか、おしゃれするとか何で?意味あんの」
と不思議がってたんですけどね。

あんた、そんなことを外で言ったら
ジムで私より鍛えてて、
派手でおしゃれなおばあさんたちにサイドキックで蹴っ飛ばされるで!

と私は言ったわけですが、
若いころって60、70、80代の自分なんて想像できないんだと思う。

意味があるとかないとかではなくて、
いくつになっても
自分のテンションが上がるおしゃれは女のユニフォームみたいなもんなんだよね。

ZUMBAのレッスンでよく見かけるマダムは、
いつも綺麗な真っ赤なネイルをしてシルバーグレイのショートカットでかっこいい。

先週は夏着物の素敵なご婦人には思わず振り返ったし、
駅で見かけた老婦人は
薄紫のノースリーブシャツに
ストールを綺麗に巻いていて涼しげで、
なんだかよい気持ちになりました。

服を着るってことは自分で見せたい自分になるってこと。

着るもので自分をハッピーにする

仕事なら、お客様に
家庭なら家族に
プライベートなら友達や周りに
どういう自分なのか見せること。

もうおばさん(おばあさん)だから、、、
でなく、
自分で服を選んで
自分をシャンとさせたらいい。

誰のためでもなく
服は自分の気持ちを変える魔法みたいなもんなんだから!

「時間とゆとりのアイディア100」では毎日を彩るアイディアをゆるゆるとお届けしています。
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットもただいまプレゼント中

The following two tabs change content below.

yamanakamariko

転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 仕事を長くイヤにならずに続けるコツー個人事業主の休みの取り方…

  2. 男や子供が棒を振り回す理由を徹底解説!男と女の違いが面白い

  3. ツイッタートレンド#無駄時間に思う効率化しないといけない発想…

  4. 【動画】不器用・大雑把でも可愛くインスタ映え!ドライフラワー…

  5. プロフィール写真の時のメイクと髪型どうする?

  6. うまく行っている人はみんなやっている時間の使い方のコツ!

error: Content is protected !!