子育て期に私が一番欲しかったものーパパはぜひ奥さんにこれをプレゼントして

1人お花見

だれでも3割増し美人になる方法、やまなかまりこです。

昨日はとーても暖かくて思わず一人お花見に行ってきました。
出産したばかりのころ、何をするにも子どもと一緒で、
子どもが泣くと何かを中断し、前倒しで準備しているのになぜか色々なことが遅れる。
ずっと自分ペースで生きてきた私にとって、子育て期はままならないことの連続でした。

マラソンや山登りに行く人なら分かると思うのですが
誰かと走ったり、進むペースを合わせるというのは殊の外難しいことなのです。

何が欲しい?

神さまが、赤ちゃんや子どもを小さく可愛く作ったのは大正解だと思います。
生れた時から、小さくて何もできないんだけど、
おっさん風でひげもすね毛もあって、口答えする感じだったら、絶対にお世話できないと思うもん。

誕生日やクリスマスに「何が欲しい?」と夫に聞かれるといつも「ひとりの時間」と言っていた記憶があります。
夫の帰りが早い日には、子どもを寝かせて一人でレイトショーや銭湯に行っていたっけ。
なので、これからお子さんが生まれる
あるいは、小さいお子さんがいるおうちのパパは、
奥さんが望んだら、時々彼女を一人にしてあげて下さい。

不思議とひとりになっても、お風呂につかりながら
明日は○○公園に友達と行く日だな!などと、子どもとの予定を考えていたなと思います。

自分のタイミングで動けて、好きなことにただただ没頭する
そういう時間が欲しくて欲しくて仕方のない時期だったのだと思います。

駆け抜けるように子どもが成長していく中で、一緒にいることで味わった喜びも沢山。
同時にやっぱり自分の子でも自分とは別人格なのだなと思い知らされもしました。

   

結局、私が今「時間」の講座をやっているのも
突き詰めたら、子どもいるいないに関わらず、自分時間を大事にしたい!
という気持ちがあるからなのだと思います。

新学期が始まり、学校に行く息子たちに弁当を作り、送り出す。
オンラインで仕事が始まるまでの小一時間、
ひとりで桜の木の下でお茶を飲みながらグダグダする私はとびきり幸せなのでした。

 

<もうダウンロードした?>
美人の法則カレンダー2019年配布中です
カレンダーダウンロードプレゼント中コチラ

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

関連記事

  1. 高1の息子の衝撃のヒトコトが刺さる!おばあさんにオシャレはい…

  2. 大人の休日ー横浜シーバスみなとみらい満喫編

  3. 雨の日パーティーファッションー春のピンクジャケット編

  4. 太って見える?ムチムチはもう卒業?-アラフォーファッション

  5. アマゾンプラムなら見てみて欲しい海外ドラマ5選プラス2作品

  6. 【開催レポ】やりたいことがちゃんとできる時間術講座

error: Content is protected !!