奇跡の渡辺!年賀状の間違い発覚でどうする私!?

奇跡の渡辺

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

実家の母から
「あなた、うちに送ってくれた年賀状の住所、間違っていたわよ」と連絡が。

ええ!? 
年賀状ソフトに宛先入力してあるのだから、そんなわけないじゃん!
第一、間違っているならどうして届いたの??と思ったら、、、

どうやら、その間違った番地はちょうど実家の向かい側のマンションなんだそう。
でもって、その11階にやっぱり渡辺さん(私は旧姓渡辺)と言う人が住んでいるのだそう。
どうしてそれを母が知っているかと言うと、前にそのうちの郵便物が間違って実家に入っていたことがあって、ポストに入れに行ったのだとか。

そして、昨日、母から追い打ちをかけるように
「あなた、2018年から間違ってたみたいだわよ!」とのこと。

ああ、年賀状ソフトに入力したときに間違ってたわけですね。(T_T)
ほんとすんません。
向いのマンションの渡辺さん。

2018―2021年にわたって毎年、実家のポストに私の年賀状を届けて下さっていたのかと思うと恥ずかしすぎます。

我が家の年賀状は毎年、家族4人の写真。

「ああ、今年もだな。おっきくなったな子ども」とか思っていたかも。
ほんとすんません。

渡辺歴史を語る

昔から「渡辺」と言う苗字は異様に多いものです。
中学のクラスには男女合わせて4人の渡辺。
そして担任の先生もなんと渡辺でした。

そのうち女子は3人。
渡辺123みたいな感じでした。

渡辺は大抵の場合、一番後ろ。
私は「まりこ」なので渡辺序列においても大抵一番最後であることが多かったです。

学校で、授業のときなど、先生は出席番号1番の「あ」行から名簿で当てていきます。
ところが、時々、先生が気分で一番後ろの渡辺とじゃんけんさせます。
本当にやめてほしいです。

そして、注射の時などは皆が「超痛かったよ」と脅しながら去っていきます。
怖いのでやめてほしいです。

そして、女子が奇数の場合、ペアであぶれると男子と組まされたりします。
普通にイヤです。

結婚に運命を託したが・・・・

そんなわけで、結婚するなら、「さ」行とか「た」行あたりを狙いたいな!と思っていました。

あと、勝手に3文字のすごそうな苗字に憧れていました。
あっ、長谷川さんとかじゃないです。
神宮寺さんとかそういう系です。

ところが、結婚して「山中」になったので、すごい苗字になる夢は断たれました。
チェッ。

やっぱり息子たちは「やまなか」なので出席番号後ろの方です。
でも、山本の壁というのがあるので、一番最後にはならないらしいです。

渡辺さんに照れます

今でも、「渡辺」さんという苗字の人を呼ぶときに勝手に照れてニヤニヤしてしまいます。
心の中で「私も渡辺だったんだよね~」とか思っちゃうからです。
そして、「本当は渡邊、渡邉、どっち?」みたいなどうでもいい質問をしてしまいます。

実家の前のマンションの渡辺さん、もう、大丈夫です。
年賀状ソフトの住所さっき直しました。

SNSの反応

SNSにこの投稿をしたところ、沢山の方から「実は私も昔は渡辺であった」というコメントが多数。
おお、渡辺人口はやはり多い。

そして、こんな意見も
>図書館とかで同性同名の人多すぎな件

わかるー!カードを忘れて調べてもらった時にすんごく沢山出てくるんですよね。

>近所にお父さんと同じような名前の人がいて、その人あての年賀状がよく届くのでポストに投函しにいっていた


あー、渡辺助け合いの輪ですな。

ちなみに、「ア行」の名前の方からもメッセージを頂きました。
ア行の場合、なんでも最初にあてられるのでプレッシャーだったそうです。
ふむ、ア行の苦悩ってやつですね。
こんなコメントもいただきました

>出席確認で自分が呼ばれた後はちっとも聞いていないので、クラスの人の名前が覚えられない


えっ!そうなの?

確かに、渡辺は自分の名前が呼ばれるまで粛々と待っていたな~。

まとめ

フォーマットや定型文は一度間違うと、ずーーーっと間違え続けます。
何事も最初が肝心ですね!

<まずは無料メールで読んでみて>
ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
忙しい人向けのメールなのでサクッと読める時短と自分時間の作り方がメールで流れてきます。

 

 

関連記事

  1. 女も憧れる「いい匂いの美人」の作り方

  2. キャンピングカーで巡る!しまなみ海道島巡りプランー大三島、伯…

  3. その女、ジルバ!まさかの池脇千鶴の老け演技!40代の女はここ…

  4. 【残念】息子の服をアラフォーが着たらひどかった件ーおじオバサ…

  5. 痩せて見える!?写真に可愛く写るコツ、アルファベットポーズ

  6. 簡単リメイク1分でできる!浴衣に似合う髪飾り

error: Content is protected !!