パパでもできるリンゴと塩豚のポットローストレシピ

果物を使った料理!?

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

リンゴが美味しい季節です。
果物を料理に使うことに関しては長年賛否両論で
しばしば賛成派と反対派でバトルになることも。
その代表が酢豚のパイナップルであります。
私も酢豚のパイナップルに関しては「なくてよし!」と思っています。

が、唯一果物で熱しても美味しいと思うのがリンゴです。
アップルパイをはじめとして、
リンゴは料理やお菓子に使うのに火を通しても
生で食べるのとは違うおいしさがあると思うのです!

ということで今日はパパもできるカンタンレシピを紹介します。

リンゴのポットロースト

1豚バラ肉(4人家族で300gぐらい)の薄切り肉に
クレージーソルト(なければ塩)をすりこみ、冷蔵庫で一晩おく
かたまり肉でないほうがラクチンです。
焼き肉用に売られているものなど。

2豚肉をさっと水洗いして、水気をよく拭き取り小麦粉をまぶす。
キャベツ(4分の1程度)、玉葱(半分から1玉)をざく切りにする
リンゴ1個は皮を剥いて薄切りにする

3鍋を熱してオリーブオイルとバターを入れ、豚肉をこんがり焼き付ける。
同時に鍋の空いたところで玉葱を炒める。
肉に焼き色がついたらキャベツ、リンゴ、酒を入れて蓋をし弱火で10分。
途中、混ぜて、コンソメ顆粒(キューブ1個)を入れて蓋をして煮る。
塩加減を見て、調節し仕上げる。

リンゴの甘酸っぱさが美味しいのですが
甘いと感じる場合は黒コショウをたっぷりをかけていただく。

キャンプでも

ポットローストは通常、かたまり肉で作るようなのですが
バラ肉で作れば時間短縮にもなり切る手間も省けます。
簡単なのでパパも作れますよ。

    

キャンプまで行かなくても
ベランダやお庭にちょっとしたテーブルを出して
ロウソクをともして食べるだけで雰囲気がでますね。

ぜひやってみて!

 

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

 

 

 

関連記事

  1. その「大丈夫」を今すぐやめたらいいのに!

  2. 自分を本気にするご褒美ジュエリーのすすめ

  3. 【レポ】大阪時間マネージメントコーチ養成講座

  4. 大人の休日ー横浜シーバスみなとみらい満喫編

  5. 「一汁一菜でよいという提案」を読んで

  6. 子どもと一緒のクリスマスパーティーアイディア

  7. 風呂あがりお宅はどちら?チンプレー、好プレー

  8. 「捨てる」って心が痛い!物を捨てられない人に読んで欲しい話