子どもが大きくなったら取り戻したい大人の女性の当たり前

いつからだろう

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

先日、長いこと我が家の食器棚にあった
プラスチックのコップをどさっと捨てました。

「子どもが割ったら危ないから」と使っていたコップ。
気がつけば、子どもも自分も
もうコップをむやみに落とす年ではなくなったのです。

不思議なことに存在していると使ってしまうもので、
なぜか私までもがこのプラスチックのコップを使っていたのでした。

スッキリした食器棚には
新しく赤と紺の陶器のマグカップが置かれ、
なんだかウキウキした気分で毎朝お弁当づくりの前に温かいお茶を飲みます。

こういうことは食器に限りません。

なぜか残る習慣

もう公園で泥だらけの息子に
抱き着かれることもないのに
洗濯できる綿素材やファストファッションを
ついつい選んでしまうとか

もう授乳しているわけでもないのに
ブラトップのラクさから抜け出せないとか

引っ張られる子どももいないのに、
なんとなくアクセサリーを身に着ける習慣を
なくしてしまったとか

近所に行くぐらいだからと
スカートやヒールをはく機会がめっきり減ったとか。

すぐそこだからと
自分にすっぴんを許す距離が徐々に長くなっていったりとか

倒されたら嫌だからと
花を飾ることをしなくなったりだとか。

 

こういう当たり前は

プラスチックのコップと同じように
子どもが大きくなってもなぜか不思議と習慣だけ残ってしまいがち。

子どもが大きくなったら少しずつ、
大人の自分を取り戻していかないといけないのかな
と思います。

ここ数か月で、
「私、着るものや自分にもう少し手をかけようと思います」
と数人の方が言っているのを聞きました。

そうそう、大人こそ若さでカバーできない分、
自分をアップデートしないといけないのよね。

35歳を過ぎたらもう顔の造作がキレイかどうかよりも、
「キレイにしているか」で輝きが違うのかもしれませんね。

 

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

The following two tabs change content below.

yamanakamariko

転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. 【開催レポ】「迷うこと」をやめる!時間マネージメント講座

  2. 【旅レポ】一日で倉敷をよくばり巡り

  3. 風呂あがりお宅はどちら?チンプレー、好プレー

  4. イチローの強さの秘密は○○性にあった!?

  5. 倉敷帆布に恋してーカラフル時短ファッション

  6. 転勤族妻でも安心して!住めば都、地方に住むメリットと楽しさ

error: Content is protected !!