アラフォーになったら気を付けたいカジュアルコーデの鉄則ーDAY22

休日のファッション

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

休日なので朝からジムへ。
思ったよりずっと暑い!ということでカーディガンの下はTシャツにしました。
こういう日はとことんスポーティーに。

キャップとストールの組み合わせがかわいいとFBでほめていただきました。
ありがたや~

アラフォーは気を付けたいカジュアルファッション

40代、いや30代後半ぐらいから気を付けなくてはいけないカジュアルの罠。
それは、すっぴんで着たらアカン
これに尽きます。
現代は、全体的にすべてがカジュアル志向になっています。
なので、昔なら「それは会社に着て行くのはまずいのでは?」
というザックリ素材やら、ゆるシルエットのパンツなども普通に流行して着ていることがあります。

そして、本当に昔なら40代がダメージジーンズをはいたら、
近所のおばさんやおばあちゃんに「破れてるけどどうした?」と心配されたと思うのです。
そう、昔は年齢に応じたファッションというのがあったわけですね。

それが、今はあんまりその境目がなくなり、普通にカジュアルな服装やダメージジーンズのようなちょっと尖ったアイテムも大人が着る時代になりました。

が、やっぱり40代近くになったら、
どこかに綺麗な要素を入れないと
みすぼらしくなります。

そう、そのままのすっぴんに合わせたら、ただの貧乏ちっくな格好になるということ!
よって、カジュアルな日ほど、ちゃんとお化粧をするわけです。
さらに言えば、私は髪も短いので、青年のようになるため、アクセサリーもかかせません。
そういうアレコレを考えると意外と、
カジュアル=ラクではないのだ!

今日の鉄則
カジュアルの日ほどお化粧はちゃんとしておくこと!

↓10着ぐるぐる着回しコーデプロジェクト↓

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

 

 

 

The following two tabs change content below.

yamanakamariko

転勤族の妻で数年ごとに転勤しつつ、東京、大阪、横浜で子育てグループを土地勘なし、知り合いなし、友達もなし状態で1人ではじめ、3000人以上のママ会員を集める。 その経験を活かし、どこに行っても仕事は作れる!転勤族妻の起業という働き方をブログで発信。 現在はオンラインスクールで全国のお客様に時間マネージメントや個性を活かした働き方を伝えている。

関連記事

  1. さて、これは何でしょうか?

  2. 賃貸でも大丈夫!有孔ボードで作る壁面収納がカワイイ、便利

  3. ダンスの名シーン

  4. SNSでは死んでる人だったりする

  5. 黒ひょうタイプの母の偵察がすごかった件ー大学生になる息子の裏…

  6. 40歳からむしろ必要!?あざとい女は女の敵ではなかった説!解…

error: Content is protected !!