オトナカジュアルの大失敗例!ただのだらしない人にならないための方法

大人カジュアルの失敗例

今日の\だれでもだれでも3割増し美人になる方法/

息子のサイズアウトした服をきたらヤバかった件は私だけではないらしく、SNSのコメントでも、自分も同じことしていて鏡で見たらやっぱりヤバかったというコメントがきました。

うん、そうなんだよ。
自分のイメージの中では、カジュアルでもまだまだいける!なんて思っているのだけど、本当にカジュアルにしてしまうと、服装はカジュアルなのに顔だけオトナなのでアンバランスに見えます。
そして、若い人と違って、妙にだらしなく見えることも。
これは困った事態です!

ジーンズも合わせ方次第でヤバイ

例えば、ブルージーンズも上がカジュアルだと本当にコンビニスタイルになります。実は大人の方がカジュアルが難しいということ。
ほら平日は働く人はスーツとかオフィススタイルでしょ。
ジャケットを着るとそれらしく見えるのだけど、休日になると突然着るものがなくなる!という事態が起こります。だからワンピース頼みになる人も多いよね。

カジュアル服は工夫が必要ってことです。

おすすめの女アイテム

一番簡単なのは、ちょっとした女アイテムを足すこと。
・フリンジなどヒラヒラ系のストールなど(安っぽく見えないもの)
・赤など暖色系(色自体が女らしい)
・ヒールやバレエシューズなどで足の甲を見せる
冬はどうしても色が暗くなるので、こうした赤の小物もすごく役立ちますよ~。
クリスマスっぽいし、お正月にも華やかでおすすめ。

女アイテムでこんなに変わる

カジュアルな服×女アイテムを心がけてます。
写真に撮ると違いが分かりやすいので、衣替えのシーズンによく小物も出してきて合わせます。
これをしておくと、シーズン中に服選び、小物選びに迷いません。
似たようなものを買っちゃわないで済むし。
おすすめですよ~

40代以降は女性らしさをプラスして

40歳~更年期にかけてホルモンのバランスも変わってきます。
ちょうどこのころは、仕事での責任も重くなったり、子どもの受験など色々心配事も増えてくる。

・疲れやすくなる
・太りやすくなる
・なんとなくオシャレがメンドクサイ

こうなってくると、日々の生活でいっぱいいっぱいになりやすい。
だからこそ、ちょっと自分のオシャレテンションを上げておかないと、なんかその辺にある、どうでもいい服をきてしまうのよね。
ふむふむ。

 

無料メール講座を読んでみて

自分の見せ方と素敵写真の撮り方、カメラの小話
ブログにも出せないすっぴん変身シリーズなどを

集めた無料メール講座も作りました!

おかげさまでいつのまにか200名突破~
登録はこちらから↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/24721

別日や出張撮影会、スマホ講座のご依頼はこちらから↓

関連記事

  1. 女が清く正しく美しくいるためには○○が一番必要なのである

  2. SNSでは死んでる人だったりする

  3. 自分へのご褒美アクセサリーDAY8

  4. その「ストレス食い」はどうして起こるのか?ダイエットの大敵を…

  5. ハッとさせる!冬のオシャレは白さえあればいい!オールホワイト…

  6. 北鎌倉でおとな散歩ー浄智寺の布袋さまのお腹なでなで

error: Content is protected !!