休日は自分で焼くが楽しいたこ焼きランチ

春休みのランチ

時間マネージメントコーチの山中真理子です。

春休みが始まりますね。
ダブルで卒業の子どもたちがいる我が家はもう3月が始まった時から
お昼の準備が必要になり、なんだか台所に立つ時間が増えている気がします。

さて、休日ぐらいはちょっとラクチンに!と思ってたこ焼きランチにしました。
大阪転勤在住時代に購入したたこ焼き器はいまだに大活躍です。
周りをカリカリに焼けるガスがおすすめ!
と美容師さんに熱弁を振るわれて買ったのでガス仕様です。

子どもたちに焼いてもらいます

我が家では、タコを切ったりなどやった後は息子たちに焼いてもらいます。
焼けるまでそこそこ時間がかかりますから、
私はその間に台所でやりたい家事や掃除をパパっと済ませてしまいます。
焼きあがるころには台所も片付いて、気持ちよくランチができます。

↑まん丸に焼けたーっ!

子どもが自分でできるランチメニュー

春休みに限らず、冬休み、夏休みにもやっている
たこ焼きに限らず、子どもが自分でできるカンタンランチメニュー。

・コロッケパン
コロッケだけ揚げるか買ってきておき、あとはキャベツぐらいでいいのでラクチン
自分たちでパンを焼いて挟んで食べてもらいます

・炊き込みご飯+お味噌汁ランチ
朝出る前に炊き込みご飯だけ予約
後は野菜たっぷりめにお味噌汁を作っておく

子どもたちだけランチの時は
できるだけ火を長く使わないメニューにして用意しておくことが多いです。

ただ、うちはだいぶ大きくなったので

小学校高学年になった時に、乾麺タイプのラーメンの作り方も教えておきました。
ほんとにギリギリの時はそういうのもアリにしてます。

満腹~

アツアツのたこ焼きってホントに美味しいっ
栄養は全然なさそうだけど、ランチなのでたまには気にせずです。

長男はすごい量を食べます↓

春休みは子どもたちも宿題があまりないのでのびのびだったりしますね。
楽しい春を~

 

ただいま、「時間とゆとりのアイディア100」にメール登録すると
毎日のご飯作りが楽になる「ご飯プラン表」のフォーマットをプレゼントしています。

 

 

関連記事

  1. 秋冬のインテリアでお勧めの枝もの

  2. レギンスパンツでリメイクする布製ハロウィンカボチャ

  3. 自分にピッタリの手帳を選ぶコツ

  4. 【レポ】大阪時間マネージメントコーチ養成講座

  5. 遅刻しない、させないために入学時にママがやっておきたいこと

  6. これで時間の使い方がグッと上手になる!「あかさたなはまやらわの法則」

  7. 子どもが大きくなったら取り戻したい大人の女性の当たり前

  8. ケーキスタンド風コンポート皿を100均グッズで手作り