絶対焼かない派!南国リゾートでも白肌キープするためにやった4つのポイント

もう日焼けする年でもないが遊びたい

だれでも3割増し美人になる方法、やまなかまりこです。

セブ旅行の写真を見ながら癒される日々。
そういえば、九州旅行の後もしばらくかけ流しのお湯の動画を見てたっけ。
旅行の良さは帰ってきてからも見て思い出して楽しいことかもね。

さて、今日は40代アラフォーなりの白肌キープの方法です。
と言っても、私はプールサイドで手袋をしたり、
養蜂家みたいなすごい帽子とかはしたくないんですね。

だって、それぐらいすればホントに焼けないけど
もはやリゾート気分ではないですよね。
もう家にいればいいんじゃない?とおもっちゃうから。
だから、ちょっと気を付けるぐらいなんだけどさ。

ポイント1曇っていても日焼け止めは朝イチに塗る

曇っているとなんとなーく開放的な気分になりますが、
テラスも結構な日差し。朝食に行く前に全身に日焼けは塗っておきました。
そのぐらいはアラフォーなので気を付けます。
リゾートでは露出が多いので、脚とかは意外と盲点なんだよねー。

脚はちょっと焼けていた方がスラっと見えていいんだけど、
全身で見た時にバランスってものがある。
脚だけとか手だけ焼けているとおかしいので一応全身に塗る。

ポイント2、水着には必ず羽織物を

基本水の中にいない時は必ず何かを羽織る。
ストール、羽織もの、ラッシュガードなど。
私の場合は単純に水着だけでいると寒いからというのもあるのですが。

ポイント3、サングラスと帽子は必須!

当たり前のことですが、帽子とサングラスはいつも持ち歩きます。
年々、まぶしいのに弱くなっている気がするし。
行った先で買うと気に入ったデザインがないことも多いので絶対に持っていく。
ちなみに、帽子はこんな風に折りたたんで持っていきます。


夏のセールの終わりに買ったので990円でした。
もう、砂で汚れても、捨ててきてもいいと思える価格。

夏ならかぶっていってもいいんだけど。
折りたためるかどうかは店頭でこっそり試します。
半日ぐらいスーツケースで畳まれていても意外と大丈夫なもので、
着いたらすぐに出して中にタオルなどを詰めておくと、形が戻ります。

ナイロンや綿素材だと、そもそも折りたたみやすいのですが、
カジュアルすぎるというかアウトドア感がバンバン出てしまうので選びません。
なんか、探検家か登山家的な感じになるんです。

冬で寒いところならフエルトのような生地感、
リゾートならこういう↑素材だと意外に柔らかで折りたためます。

折りたためる帽子と言えばAthena New York / アシーナ ニューヨーク
も持っているのですが、2万ぐらいする帽子なので
水で濡れてしまうかもしれないリゾートに持っていくのはなんとなくためらう。

 

 

ポイント4、長袖のラッシュガードで背中を守れ!

長袖のラッシュガードはとても役立ちました。
どんなに日焼け止めを塗っていても、背中など塗りづらい場所ってあるでしょ。
それに塗りなおすのも面倒。
そんな時にはとても便利~。 

こちらの記事にどこで買ったか?などをリンクしてあります。

長袖のラッシュガードもオシャレなものが増えてきたので、
選べば大人でもホテルのプールでも浮かないでオシャレできますよ~。

ポイント5、それでも焼けたらケアを

私は、滞在中ホテル内のスパを2回利用しました。
日焼けしたわけでもなかったので全身フルマッサージでしたが、
もし焼けちゃった人は、ケアしてもらうのもいいかもね!

 

まとめ

どれも超基本的なことなのですが、意外と開放感があると忘れちゃう。
とはいえ、絶対パラソルの下から出たくない!みたいなのも
リゾートに来たのにもったいないでしょう。
だから、当たり前にできることをちゃんとやって後は楽しむ。

ポイント1曇っていても日焼け止めは朝イチに塗る
ポイント2、水着には必ず羽織物を
ポイント3、サングラスと帽子は必須!
ポイント4、長袖のラッシュガードで背中を守れ!
ポイント5、それでも焼けたらケアを

もちろん、プールサイドでゆっくりするつもりなら
朝のうちに日陰のいい場所をゲットしておくのもお忘れなく~。

 

セブ島バカンス日記目次
セブ島で何もしない贅沢タイム
旅で写真映え!持っていきたい5泊6日リゾートファッション
絶対焼かな派!南国いっても白肌キープならこの水着
セブやマニラ行きフィリピン航空に乗るならこのアプリとサイトが便利
セブマクタン島プランテーションベイホテル情報まとめ

 

もうすぐ、リリース予定の自撮り講座、ただいま準備中。
もうちょっとおまちを!

 


興味のある方は、無料メールに登録しておいて↓

モニター近々募集します。

 

無料メール講座を読んでみて

自分の見せ方と素敵写真の撮り方、カメラの小話などを
集めた無料メール講座も作りました!

おかげさまでいつのまにか200名突破~
登録はこちらから↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/24721

オンラインで全国から受けられます

スマホ写真をグッと素敵に見せる5つのコツはリアルとオンライン両方で開催しています!

重要なのは、カメラの機能や撮り方だけでなく、スタイリング!
カワイイスタイリングはコチラの講座でどうぞ↓両方学ぶとセンスアップ!
フォトスタイリング入門1DAY講座

別日や出張撮影会、スマホ講座のご依頼はこちらから↓

 

 

関連記事

  1. 夏派手カラフルポンポンサンダルの作り方

  2. 【ルート地図付き】レトロで素敵すぎ!横浜元町の山手西洋館めぐ…

  3. 恐竜大好き甥っ子バースデー!-100均一簡単ピニャータ作り

  4. 今年買ってよかった!ZARAで見つけたケープマントコートが秀…

  5. 子育て期に私が一番欲しかったものーパパはぜひ奥さんにこれをプ…

  6. フィリピン航空に並ばずにWEBチェックイン!のやり方と機内ア…

error: Content is protected !!